氷を解かすのと同じ原理だと思います


氷が水になるのに必要なこと


氷は水が0℃以下の環境に長く置かれる
ことでなった状態です。

硬く、重く(実際の重さは変わらない)、
冷たい

氷は、水が冷えて固まったものです。
では、氷を解かすにはどうしたらいい
でしょうか?

温度を少し上げてあげるだけで、氷は
解けはじめ、水に変わっていきます。

氷を水に変える温度はごくわずかです。
高い温度はいりません。

例えば、手の温かさくらいでもいいです。

氷を解かすのに必要なものは温もりです。


筋肉に置き換え考えると


例えば、どこかが痛いと思う時、たいてい
筋肉は固まっています。

そこは、冷たい感じがします。痛みを
感じている時は身体も重く感じるのでは
ないでしょうか?

硬く、重く、冷えた状態、血が不足して
いる状態が筋肉が固まっている状態です。

氷と同じ状態だと思いませんか?

だから、氷を解かす時と同じように、
温もり程度の温かさがあれば筋肉も緩ん
でくると思います。

この時、特に圧力も必要ありません。


自然の中から見つけた答え


私は、自然の中に答えがあると思って
います。自然のシステム(原理)が、
そのまま人間にも活かされていると思って
います。

極端な言い方かもしれませんが。

もし、自然のシステムと人間のシステム
が同じなら、そこから答えが見つけ
られると思います。

氷が水に変わるシステムを、そのまま
身体に当てはめて考えることができます。


無痛は、自然のシステム


こんなことを書くと引いてしまうかも
知れませんが、無痛施術にこだわる理由は、
自然のシステムにあっていると思うから
です。

氷を水に変えるのに必要なことは、温もり
です。沸騰させるほどの高温でなくても、
高い圧力でもなく、温もりです。

高い熱と高い圧力をかけると、もう水は
水でいられなくなってしまいます。

極端な言い方かも知れませんが、
ヒーリングは自然のシステムを活用した
優しい方法だと思います。


この記事へのコメント

ヒーリング整体 笑み関連キーワード:整体
byヒーリング整体 笑み

最近の記事